FC2ブログ

はまだより雑記帳

HP「はまだより」 に関するニュース

9月のカレンダーを修正

9月のカレンダー 新旧
9月のカレンダー(カワラケツメイ と エンジェルストランペット)の文字にちょっとしたミスがあったため, 修正版をアップした。
(具体的には 前月の31日の文字の大きさを間違えた。)

 

カレンダーの文字は 手作業で作っているため, ミスが頻発している。
一カ月の中に 同じ日が2回出てきたり, 一日飛ばしてしまったり・・・・
お恥ずかしい。

 

 


 

 

スポンサーサイト



PageTop

梶原の渡船場跡

久しぶりに「渡し碑コレクション」 に 新しい碑を掲載した。

梶原の渡船場跡 「梶原の渡船場跡」は かなり前に設置されたものらしいが, 何回探しても見つけることができなかった。 8月の暑いさなか, ようやく探しあてることができた。
現地は かつてキリンビールの工場があった場所で, 現在は 読売新聞などの印刷工場に変わり, 昨年? 工場として稼働をはじめたようで, それまでは 工事のため 渡し碑は一時的に撤去されていたと思われる。

これで 隅田川の渡し碑は 12ヵ所確認できたが, まだ他にもあるのかもしれない。
荒川区のHPには「汐入の渡し」「水神の渡し」の碑のことが書かれているが, 現地が 再開発の工事中だったりするせいか, 現在のところまだ発見できていない。

PageTop

坂道を 4件

「坂道コレクション」 に 新しい坂を4つ掲載。

 (1)紅葉坂 (大田区)
 (2)鮫河橋坂 (新宿区)
 (3)ふじみ坂 (足立区)
 (4)さくら坂 (足立区)


掲載済の坂 2件 の内容を一部修正。

 ・小布施坂(文京区)
 ・狸穴坂 (港区)


新規の坂のうち (1)と(2)は, 何年も前に取材してあったものだが, 何故か掲載しないままになっていた。

ふじみ坂 (3)と(4)は, 珍しくも 足立区の坂。 初めての掲載になる。

「足立区新田3丁目」という所は, 東京には珍しい「しんでん」という地名。
この地は かつては 非公式な地名として“野新田(やしんでん)”と呼ばれ, 江戸時代~明治時代には 桜草の名所として知られていた。

南側には隅田川が流れ 北側には荒川が流れる島状の地域。 もともとは 北側の鹿浜地区と地続きだったが, 大正~昭和5年の 荒川放水路(現在の荒川)の開削によって 島状の地域として分割されてしまった。


PageTop

9月 と 10月のカレンダー

9月と10月のカレンダーをアップ。

   9月: カワラケツメイ, エンジェルストランペット 
 10月: アマチャヅル, ヒルザキツキミソウ

ハギハギ (萩)

ハギは秋の七草の一つ。 一般に花期は 7月~10月といわれる。
ハギは ハギ類の総称で, 10以上の種類があるという。
普通にハギといえば ヤマハギを指すそうだが, 公園などにあるものは 園芸品種の
ミヤギノハギ が多いらしい。 よく似ているため 区別が難しい。 カレンダーのハギは
どの種類なのか よく分からない。

PageTop

発祥の地 4件

オーロラの碑
「発祥の地コレクション」 に 新規に 4件を掲載した。

(1) 「葵の紋」発祥の由来 (愛知県小坂井町)
(2) (原水爆禁止運動発祥の地) (杉並区)
(3) 甲州ぶどう発祥の地 (山梨県勝沼町)
(4) 萬葉遺跡葛飾早稲発祥地 (三郷市)

(1) は T.K.さんから, (3) は H.T.さんからの写真提供によるもの。

(ありがとうございました。)


PageTop

「円筒分水」のコメント集

“はまだより” の「円筒分水」に寄せられたコメントを集めた「コメント集」をアップした。


“はまだより”に新しいテーマを書くと, 必ずコメントを送ってくれる人や, 滅多にコメントをくれないけれど たまにいいことを書いてくれる人や, いつも文章なしで名前だけの「空メール」をくれる人だとか, いろんなタイプがある。

今回は もらったメールの 1/3 ぐらいしか掲載できなかったけれど, こういう「コメントメール」がもらえるのが楽しみで “はまだより”を続けているようなものだ。 本当にありがたい。


PageTop

発祥の地を 4つ

「発祥の地コレクション」に 新規に4件追加。 1件修正。
 新規  豊橋町立高等女学校発祥の地 (豊橋市)   (1)
       浦和一女発祥の地 (さいたま市)         (2)
       (旧制浦和中学発祥の地) (さいたま市)   (3)
       南越谷阿波踊り発祥の由来 (越谷市)
 修正  桜丘学園発祥の地(豊橋市)
 
豊橋高女発祥の地今回は 学校関係が多かったが, 学校の発祥の地には 2種類の名前のつけ方がある。 一つは 創立当時の学校名を使うケース。 もう一つは 名前が変わった現在の学校名を使うケース。
上記の (1)~(3) について言えば, (1)と(3)は 創立当時の学校名, (2)は 現在の学校名である。
一般論で言えば, "現在の学校名の発祥の地"の方が分かりやすいのだが, 複数の学校が合併した学校の場合, その一方の学校が設立された場所では, 古い学校名で名前をつけざるを得ないこともある。   
名前付け方一つとっても なかなか興味深い。
 

PageTop

円筒分水

円筒分水 “はまだより”に「円筒分水」をアップした。 「円筒分水」は 川崎市にある 「二ヶ領用水」という農業用水を4つの堀に正確な比率で分けるための設備で, 昭和16年に完成した。
 
“その道”の専門家には有名な施設らしいが, 一般にはあまり知られておらず, 地元の歴史好きな人や 技術好きな人などが 訪れているらしい。 今でも水が流れているのだが, もともと農業用水用の施設だから 今はもう必要性が薄くなっており, 黙っていると 間もなく消滅してしまうかもしれない。 ・・・というわけで 地元では保存運動が起きているという。  是非 これからも「動態保存」を続けてほしいと思う。
 

 
実は今回は 別のテーマ(玉川上水)を取り上げるつもりだったのだが,  あまりに大きなテーマで 書きたいことが多すぎて どうにもまとまらず, 急遽テーマを変更した。 いずれ再チャレンジするつもり。
 
 
 
 

PageTop

発祥の地 4件

発祥の地コレクション に 4件を掲載。

招き猫発祥 ・ 浅草「酉の市」発祥の寺 (台東区)
・ 「荻窪」地名発祥由来の寺 (杉並区)
・ 招き猫発祥の地 (台東区)
・ カツカレー発祥の店 (中央区)


「酉の市」以外は 石碑などはなく,「看板レベル」の発祥の地。


「発祥の地コレクション」に取り上げる基準としては,
  ・発祥の地であることを示す“碑”があること。
   石碑の他に 木碑・金属製の碑 なども。
   店の看板のようなものも含む。
  ・のぼり・ポスターなど 容易に撤去・移動できるものは除く。
  ・碑にはは「発祥」「開校」「創始」「創業」など,『その場所で何かが開始された』ことを示す説明などが書かれていること。 
  (ただし 一部例外もあって,そこは独断と偏見で決めている。)


PageTop